トマト好き必見!!高知トマトサミット2015

どうもどうも!!名も無き寄稿者です

いきなりですが高知県って実は、フルーツトマト発祥の地と呼ばれているの知ってましたか?

そんな、フルーツのように甘い高知のトマトを一同に会するイベント高知トマトサミット2015が3/14(土)〜3/15(日)に高知市帯屋町2丁目アーケード内で開かれます!!

今年は、県内の23ブランドが参加するそうです!!


この23ブランドの中でも私が気になったブランドを3つだけ紹介したいと思います

1. 夜須フルーツトマト

特徴

全国的にも日照時間が長いという夜須の自然環境を活かし、太陽の光を果実に行き渡らせる「立体栽培」を行っている。
高い栽培技術と防根浸水シートの使用により、甘さやコクなど食味の深さにこだわっている。

2. 乙女の涙 スウィーティア

特徴

涙の形をした長粒形のフルーツトマト。フィンガーフードとしての人気も高く、小さいお子さんもパクパク食べてくれます。世界で唯一、私たちが持ってい宝物のトマト。その優しい甘さは乙女の涙のよう。糖度が高く、青臭さや酸味も少ないスッキリとした風味。甘味を強く感じるためフルーツにも近く、デザートとしても親しまれている。

3. しまんと黒べぇ(黒トマト)

特徴

最先端のハイテク設備でつくられた、とても珍しい黒真珠のようなトマト。
熟度によって味や色が変わるが、見た目に反してさっぱりと食べやすい。
生色がおすすめ。

 

個人的には、しまんと黒べぇが一番気になりますねー
だって、この見た目でどんな味するか気になるじゃないですか!!!

今回紹介した3種類の他にもまだまだあるので実際にイベントに行って自身の舌で確かめてきてください!!

 

イベントには行けないけど美味しいトマトは食べたい!!って方へ

イベントには行けないけど美味しいトマトは食べたい!!って方に朗報です!

高知トマトサミットさんのWebサイトでは、イベントに出店している23ブランドの中から厳選された12ブランドを詰め合わせにして販売されています!
これで、当日いけなくても自宅で美味しいトマトが食べれますね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう