酒を盗んででも…。あなたは好きですか? 鰹の塩辛『酒盗』

IMG_5793

みなさんは、酒盗ってご存知ですか?
高知県民の方なら1度は聞いた事あるのではないでしょうか。

酒盗、それは鰹の内臓の塩辛です。
土佐山内のお殿様が、
「お酒がどんどん進む!酒を盗んででも食べたい!」
と言った事で名付けられた食べ物です。

IMG_5733

実は僕、酒盗食べたことないんです…
食べた事のある人に感想を聞くと賛否両論

「お酒のつまみに合うよ!美味しい!」
って方もいれば、

「いや、一回食べたけど…」
という方も…

と、いうわけで。
買ってきましたよ !「酒盗」
今回買ってきたのは、吉永鰹節店さんの酒盗 甘口・辛口セット(860円)
代々伝わる秘伝の味付けをした、無添加の酒盗です!

IMG_5708

お皿に入れてみると、イカの塩辛のような見た目
これ絶対美味しいんじゃないか?
と思いつつ、友達と一緒に食べる事に

IMG_5793

初めての酒盗///

まずは甘口を一口
イカの塩辛を想像していたのですが、別物です!
コリッ、トロッみたいな色んな食感があります!
甘口でも少ししょっぱめです

IMG_5795

次に辛口。
食感は同じですが、辛口の方がイカの塩辛に近いかな?という感じがします。

これはどちらにも言える事ですが
イカの塩辛と比べて明らかに違うのが”クセ”
鰹の内臓なのでどこの部位かわかりませんが、魚特有の生臭さみたいなものが強いです!
ん〜〜〜、確かにこれは好き嫌いが分かれそうですww

僕的には…
酒を盗んでまで食べるものではない!
という結果に落ち着き、日本酒で流し込みました。
でも、日本酒のお供にちょこっとつまむ感じならピッタリかもしれないです!

一緒に食べていた友達は、
「甘口より辛口の方が美味しい!!」
と言って、一瞬で全部食べていましたwww

 

みなさんは酒盗、好きですか?苦手ですか?

まだ食べた事ない方、気になる方は是非食べてみてください!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう