奥四万十博4月10日から始まりますよ!ありんど高知オススメのモデルコースをピックアップしてみた!

okushimanto-banner

いよいよ4月から奥四万十博が始まります!

ありんど高知ではそれに先駆けて、地元の人におすすめスポットを聞いてひたすら回る旅、「地元の人に聞く!奥四万十地元だよりの旅」という企画を行いました!

今回はその企画でわかった、地元の人おすすめのスポットを回るモデルコースを紹介します!

日帰りホビー館の旅

そうだ山温泉

千年の美湯_桑田山温泉「和」高知県須崎市

そうだ山温泉は須崎市の誇る知る人ぞ知る秘湯です。

その水質の良さは入ってみると実感できますよ!

鍋焼きラーメン

okushimanto-108

須崎市のB級ご当地グルメです。
それぞれのお店で味が違いますので、食べ比べてみるのもいいですね!

大正市場

okushimanto-125

中土佐町にある古くからあるお魚市場。
買ったものをその場で食べることもできますよ!

岩本寺

okushimanto-173

okushimanto-195
四国88か所のお寺の一つ。
本堂天井の絵は必見です!

ホビー館

okushimanto-238

ホビー館とは?
フィギュアなどを多数販売している海洋堂の門外不出、世界一のプラモデルコレクションから最新フィギュア、さらには有名造型師たちの恐竜から美少女まで、あらゆるホビーを大量展示する見た事も聞いた事もないミュージアム。
オタクの聖地。

okushimanto-257 okushimanto-393

古いものから新しいものまで、様々なフィギュアがみられます!

 

カッパ館

かっぱ館とは
海洋堂かっぱ館には「四万十川カッパ造形大賞」の全作品、約1300点余りを展示しています。
また、館内外にはチェーンソーアートのカッパがうようよ増殖中。四万十川の新たな河童伝説となる、創る楽しみと遊び心を詰め込んだ奇想天外なミュージアムです。
よさこいネットより引用】

okushimanto-468 okushimanto-471

 

以上、1日で奥四万十を回る場合のオススメルートでした。
結構キツキツなスケジュールになるので、どこかを省いても良いと思います!

 

続いて、1泊2日で回る場合はこちら!

 

一泊二日の梼原町と天狗高原の旅

 

道の駅かわうその里すさき

奥四万十博-梼原座24

須崎市にある道の駅。

地場産品が買える他、二階レストランも美味しいと評判ですよ!

 

雲の上の温泉

奥四万十博-梼原座107

しばらくドライブをして、雲の上のホテルで一服。

温泉は美人の湯としても知られています。

通称「美人の湯」とも呼ばれる人気の湯です。

日本最後の清流四万十川の源流域に位置する源泉かけ流しの温泉。

アルカリ性単純泉とメタホウ酸フッ素イオン(炭酸水素塩冷鉱泉)からなる泉質は、余分な油分や古い
角質を落としみずみずしい肌をつくり出す事から『美人の湯』とも呼ばれています。
大自然に包まれた建物に、露天風呂、ジェットバス、ジャグジー、打たせ湯、サウナなどがあります。

療養泉としての機能の期待され『神経痛・慢性婦人病・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・慢性
消化器病・痔疾・冷え症・疲労回復・きりきず・火傷・慢性皮膚炎』等に効果がある。

引用:雲の上のホテル: 温泉

 

梼原町散策

P1260127

町おこしで盛り上がっている梼原町も是非散策してみてください。

新旧のデザインが混在する町並みは心動かすものがある時はずです!

 

P1260124

 

梼原の大通りには電柱がなく、無電柱化されています。

 

P1260170

 

P1260155

 

IMG_0018

梼原座

奥四万十博-梼原座14

そんな梼原町の中でもひときわ異彩を放つのがこちらの「ゆすはら座」です。

とてつもない歴史、文化を感じる雰囲気!!

この建物は、大正時代の和洋折衷様式を取り入れた建造物で、モダンな外形に花道のついた舞台、2階の桟敷席、天井の木目の美しさ、また、高知県下では唯一の木造りの芝居小屋で、芝居や歌舞伎、映画上映など住民の娯楽の殿堂「梼原公民館」として親しまれてきました。
引用:ゆすはら座│観光│梼原町観光情報

もともとは、昭和23年に町組(=自治組織)によって建設された「公民館」でした。”梼原公民館”という名前ですが、その当時は、芝居や歌舞伎、映画上映などが行われる町の「文化」「芸術」を楽しむ拠点として役割を担っていました。

奥四万十博-梼原座10

2階席に上がることもできます。

奥四万十博-梼原座19

 

天狗高原

IMG_0175

そして、最後には天狗高原にどうぞ!

晴れた日も最高ですが、雨の日の靄のかかる風景もまた味があります。

IMG_5398

 

天狗高原にある宿「天狗荘」のご飯もめっちゃ美味しいのでオススメですよ!

okushimanto-566

終わりに

いかがだったでしょうか?

奥四万十には一回だけでは味わいきれない魅力があるので、是非一回行って気に入ったら何度も足を運んでみていただきたいですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう