いの町枝川「きび街道」の名物”ゆできび”が今年も大人気!【季節の味覚】

IMG_8123
The following two tabs change content below.

どうも、おっくんです。

いの町枝川の通称「きび街道」という「ゆできび」を販売する露店が期間限定で登場する場所をご存知でしょうか!

分かるかと思いますが、一応説明すると「ゆできび」は、茹でた「とうもろこし」です。

このゆできびが最高に美味しいんです。それもう絶品です。

そのゆできびを販売する露店が、5月末ごろになるとポツポツと出てきます。

地図でいうと、伊野インターの降り口のすぐそばです。

ビニールハウスの前や倉庫の前、畑の前など至る所に露店が出てきます。

IMG_8119

この登り旗を見ると、あーこの季節だー!と嬉しくなりますね!

高知の春〜夏の季節の味覚ですね!

IMG_8118

僕がいつも買っているお店はインターから一番近いビニールハウス前のこちらです。

先日、平日の13時ごろに行きましたがお客さんが絶え間なく来ているようでした。

IMG_8120

ここ一帯はとうもろこし畑が広がっており、採れたて新鮮をそのままその場で茹でて販売しています。

茹でていない生のとうもろこしも販売しているようですが、午前中にはすでに売り切れていました。

IMG_8122

僕の前に並んでいた方が3袋まとめて購入していました。

毎年楽しみにしているファンがいるんです。僕もですw

値段は様々で、おおよその価格は2本入り250〜500円です。

大きいものは500円。小さなものは4本いれて300円で販売していたりします。

IMG_8123

2本いり300円を購入しました!茹でたてなので素手で持つには若干熱いw

袋に入っていても香ってくる、あま〜い香りがたまらん!

IMG_8125のコピー

ぎっちり身が詰まっていて、食べてるとジューシー感が半端じゃないです。

超甘くて、ただのとうもろこしじゃなくて「スイートコーン」のような甘さです。

こればっかりは食べた人にしかその甘さは伝わらないです。

平日は割と購入することができますが土日は午前中で全部売り切れるなんてこともあるそうです。

また、毎年売り切れたらその季節の販売は終わりだそうなのでお早めに味わってください〜!

枝川のきび街道のゆできびは、この季節の味覚として毎年楽しみにしています。

この季節にはこれを食べようっていうのが高知には多くあって豊かな地域なんだなーと思います。

高知は美味しい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう