【完全保存版】意外とみんな知らない?高知から東京へのお得な交通手段を徹底的にまとめてみた【最新版】

【完全保存版】意外とみんな知らない?高知から東京へのお得な交通手段を徹底的にまとめてみた【最新版】

どうも、しぶやんです。

皆様は年末をいかがお過ごしでしょうか?2016年もそろそろ終わってしまいますね。

さて、年末のこの時期になるとみなさんは地元に帰郷したり、年越しライブやイベントなどで遠出する方が多いのではないでしょうか?
私も学生時代は東京に住んでいたので、年末年始は家族と過ごす為に高知に帰って来ていました。

今回は以前紹介させて頂いた高知から東京までの交通手段の記事が好評だったので、改めて【完全保存版】として書き直しました。

以前の記事はこちらから!→意外と知られていない? 高知:東京間でおトクな交通手段を使う方法

みなさんの帰省や旅行の際のぜひ参考にしてみてください!

高速バス・夜行バスを利用する場合

高知から東京への交通手段としてまず最初に考えるのが高速バス・夜行バスではないでしょうか?

高知:東京間のバスは様々なバス会社から運行されていますよね。

バスの場合、高知から東京への所要時間は約12時間。バスの種類や交通状況によっては11時間~13時間程の場合もあります。

基本的には高知を夜に出発して、朝に東京に到着するパターンですね。
いずれにせよ一日の内の半分を移動に使うことになることは覚悟しよう。

このことから腰が痛い人や背の高い人には、高速バスと夜行バスはおすすめできません。

肝心の料金については大体安くて片道7000円ほど、高くて10000円強といったところ。
往復で20000円前後が相場ですね。
バス会社によっては早めに予約を取ることでさらに安くなるところもあります。

 

この料金に対して土日祝日はおよそ1割~2割高くなる場合が多いです。
それ以外の曜日では金曜日が高い。

そして祝日と金曜日が重なる日程が最も金額が高くなります。

高速バス・夜行バスを利用の際に気をつけること

季節によりますが、バスの車内は寒かったり暑かったりする場合があるので体温調節できる服装がいいですね。

特に冬は寒い場合が多いのでご注意を!
また、バスの4列シートと3列シートの違いについて少しだけ。

4列シートと3列シートでは座席幅が大体10~15センチ程変わってきます。
僅かな差ですが、この差が快適度にかなり影響してきます。

また、3列シートは足元が広かったりリクライニングの傾斜が大きかったりもするので、寝やすさが全然違います!

バスでの長時間移動は基本的には辛いものですが、3列か4列で快適度がかなり違ってきます。
特に身体の大きな男性などは3列のほうが良いでしょう。

バスを利用する際は移動中に寝て起きたら目的地というパターンが最も快適だと思います。
どんな状況でも眠れるよ!という人以外は3列シートのほうが無難です。

 

バス会社では3列シートのプレミアムシートのようなものを用意してるところもありますね。

私は利用したことないですが、こちらは通常の3列シートよりも更に快適だとか。
もちろんその代わりにお値段も上がったりするんですけどね。

 

また、バスの車内は夜中は消灯されますが、隣の人が使うスマホやタブレットの光が眩しかったりもするので、そういうのも気になってしまう人はアイマスクなんかも持っていたほうがいいです。

音楽を聞いている人のヘッドフォンからの音漏れや、中にはいびきがうるさい人なんかも居ますから耳栓もあれば万全でしょう。

高速バス・夜行バスのまとめ

バスは東京-高知間では最も安い交通手段ですが、移動時間は最も長く過酷です。

移動に快適さを求める人にはオススメできません。

また、車に酔い易い人も辛いと思うのでオススメできません。

「時間は掛かってもいいからとにかく旅費を抑えたい!」という安さ優先の方や、「どんな状況でもいつでも寝られるよ!」という方向けの交通手段だと思います。

 

JRを利用する場合

ここではJR高知駅からJR東京駅に向かうと仮定します。

JRを利用した際の所要時間は6時間20分~7時間40分程度。

なぜこのくらいの開きがあるかと言うと、岡山での乗り換え時に新幹線がすぐに来るかどうかによるからです。

早い時は岡山に到着してから新幹線に乗り換えるまで、10分しか時間がない時があります。
普段から旅行などで慣れている人ならともかく、そうでなければあまりに乗り換えの時間が短い時間のものは避けたほうが無難でしょう。

なお、万が一乗り換えを逃してしまっても当日の便で座席に空きがあれば後の便で乗ることはできるのでご安心を。

 

料金は片道約19000円程、往復で38000円程度ですね。

大体40000円ぐらいが相場と考えていれば大丈夫でしょう。

 

ご存知のとおり高知県はまだ新幹線が通っていません!

なので岡山までは在来線の土讃線で向かわなければなりません。
そしてこの土讃線がなかなかの曲者なのですよ。

山道をガタンゴトンと走るので乗り物が苦手な人は酔ってしまうかもしれません。

また、特急列車に乗らなければ高知から岡山まで6時間も掛かってしまうので、絶対にここでケチらずに特急に乗りましょう。

 

さらに、先述したとおり岡山駅で素早く乗り換えなければならないこともあり、岡山までぐっすり熟睡というのも少し難しかったりします。
岡山から東京までの間は新幹線でゆったりと落ち着いて行けますのでそれまでの辛抱。

天気が良ければ景色も楽しめます。途中で富士山も見えますしね。

土讃線に乗った後では新幹線の快適さが身に染みます。

 

本当に四国にも新幹線を通して欲しいところです(笑)

 

ちなみに、新幹線や特急を使わずに在来線だけで東京に向かう場合は10回以上の乗り換えをしておよそ24時間掛けて到着することが可能です・・・(笑)

かなりの修行ルートなのでオススメできませんが・・・電車に乗ることが大好きな人なら考えてみてもいいかもしれません。

学生の方は学割が使えます!

実はあまり知られていませんがJRには学割があるんですよ。知っていましたか?

学割を使えば乗車券の料金から2割引きの金額になります!
学生さんはぜひこの制度を活用しましょう。

学割を利用するには、自分の在籍する学校に学割証を発行してもらう必要があります。

学割を使いたい人は学校の先生や事務員さんに聞いてみよう!

 

JRを使う場合のまとめ

旅気分を味わうならアリ。
しかし料金はバスのおよそ2倍。

途中で大阪や名古屋なんかにも用事がある人にとっては最も最適な移動手段ですね。

一人ではなく友人などと一緒にという場合だと楽しそうですね。

 

飛行機を利用する場合

飛行機は私が東京に行く際に最も利用する移動手段です。

飛行機の場合の所要時間は1時間15分程。飛行機に搭乗する時間や手続きなども含めれば1時間40分程ですね。
高知から東京へ向かう際に最も早い移動手段になります。しかし早い代わりに料金も一番高いです。

普通運賃で片道およそ35000円程度。往復で軽く70000円近くになります!

もちろん早目の予約で割引料金になりますが、それでも高い場合がほとんどです。
特に5月のGWやお盆、お正月などの繁忙期はあまり安くならない上になかなか予約が取れません。

また、12月以降から3月の春休みシーズンにかけても予約が取りづらいイメージですね。

おそらくですが、高知:羽田便は数が少ない上に旅行や帰省、受験や引っ越しなどで移動される方が増えるのだと思います。

飛行機に安く乗るには?

それでもやはり飛行機の移動時間の短さは魅力的ですよね。

そこで少しでも安く飛行機に乗る方法をご紹介します。

1.航空会社の株主優待券を使って予約する。

ANAやJALなどの航空会社は半年毎に株主優待券を発行しています。
これを使うことで正規運賃の半額の費用で搭乗することができます!

例えば片道が35000円で、往復70000円掛かる場合は、株主優待券を一枚5000円で買ったとしたら、

5000円(優待券代)×2枚(往復分)+35000円(半額分)=45000円
以上のように普通運賃で飛行機に乗るよりも約25000円もお得になります。

これはぜひ使わない手はないですよね。

ちなみに航空会社の株なんて持ってないよ!という方でも大丈夫です。

なぜならこの株主優待券は街の金券ショップなどで購入することができるからです。

 

株主優待券の相場は時期や有効期限で変わってきます。

発行されたばかりのものだと8000円程度、有効期限間近のものであれば3000円程度で購入できます。タイミングが良ければもっと安く手に入ることも!?

近くに金券ショップなどが無い方でも、フリマアプリやヤフオクなどでも購入することができますよ。

 

また、この株主優待券を使う方法にはもう1つメリットがあります。

それは、もし何かあって急に飛行機の日程を変更したくなった時に無料で日程変更が可能な点です。
確かに早期予約などで航空券は安くなりますが、実はこれらの早期予約で手配した航空券は日程変更ができないものがほとんどです。

個人的にはこの点はかなりのメリットだと感じております。

2.旅行会社のパック商品を利用する。

各旅行会社では、航空券と宿泊場所をセットで販売しているパックツアー商品というものがあります。
楽天トラベルのANA楽パックやJAL楽パックなんかも有名ですよね。

旅行好きな方は既に利用されてる方も多いのではないでしょうか?

このパック商品とは、航空券と一緒に旅行先の宿泊場所の予約も一緒にすることにより大変お得な料金になるというものですね。

ANA楽パック 国内(航空券+宿)格安ツアー【楽天トラベル】

 

そしてあまり知られていないのですが、実はこのパック商品は旅行中の一部の日程だけホテルや旅館に泊まるといった使い方もできるんです。
もちろん泊まるホテルや旅館も選ぶことができますよ。宿泊場所によって料金も変動します。

このパック商品は高知への帰省や旅行だけではなく、様々な目的地に利用できるのでまずは一度調べてみることをおすすめします!

唯一の欠点としては、やはり年末年始やお盆などの繁忙期はそこまで安くならないということですかね。

ただし閑散期などは本当にお得で、宿代込みで往復30000円代の時なんかもありますよ!

飛行機に乗る場合のまとめ

飛行機は高知:東京間を最も早く行き来できる交通手段です。

しかしその分費用が高くなってしまうので、株主優待券やパック商品を使ってお得に利用しましょう。

とにかく早く目的地に着きたい!という方や、移動に労力を使いたくない!という方向けの交通手段ですね。

 

おわりに

以上、高知:東京間の交通手段をまとめてみました。

個人的には今までで一番利用したのが旅行会社のパック商品でした。
やはり価格と所要時間のバランスが一番いいような気がします。

あと私は飛行機に乗るのが好きなので(笑)

今回の記事が皆様の帰省や旅行の際の参考になれば幸いです。

また、帰郷や旅行の際は事故などに十分お気をつけくださいね。

それではまた!

以前の記事はこちらから!→意外と知られていない? 高知:東京間でおトクな交通手段を使う方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
しぶやん
高知出身。高知を楽しくしたいと思っている。無印良品とガンダムと植物を愛する男。高知家スターのメガネがほしい。
2321 PV
CATEGORY :