高知市葛島に新オープンのボルダリングジム『Allez(アレ)』を紹介!「高知にもっとボルダリングの魅力を!」

高知市葛島に新オープンのボルダリングジム『Allez(アレ)』を紹介!「高知にもっとボルダリングの魅力を!」

こんにちは。ささけんです。

ささけんです。

今回は高知市葛島に去年新しくオープンした、ボルダリングジム 『Allez(アレ)』さんを紹介します!

今人気のスポーツ・ボルダリングとは?

ボルダリングとは?

ボルダリングとは、「フリークライミング」のもっともシンプルなスタイルの一つです。 「ボルダリングとは、ロープによる確保を必要としない、高さ数mほどの岩をフリークライミング用シューズ(ロックシューズ)手につける汗止めの粉(チョークパウダー)だけを使って登るものです。
引用)ボルダリングジャパン

ボルダリングは、ロッククライミングをもっと気軽に楽しめるようにしたスポーツです。最近テレビや雑誌などでもよく見ますよね。
誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなボルダリングジムのオーナーの岩佐さんにお話を伺うことができました。

ボルダリングジム 『Allez(アレ)』オーナーの「岩佐さん」

ボルダリング歴15年以上の岩佐さんに、「どうして高知でボルダリングジムを始めようと思ったのか」や「ボルダリングの魅力について」うかがっていこうと思います!

四国で一番もったいない県!?高知でボルダリングジムを始めようと思ったその訳とは?

「今回はお忙しいところありがとうございます」

「いえいえ、今回はよろしくお願いします。」

「こちらのボルダリングジムに来たのは初めてなのですが、広さにびっくりしました!大きな倉庫が丸々ボルダリングジムなんですね!

広々としたボルダリングジム 『Allez(アレ)』

「ありがとうございます。実はまだオープンしたばかりなので、コースはまだまだ増えている途中です。今は毎月コースの増設をしているところです」

「まだ増えるんですか!すごいですね!」

「オープンしたばかりとのことですが、ここはいつオープンされたんですか?」

「去年の10月にオープンしたばかりです。」

なんでまた高知でボルダリングジムを始めようと思われたんでしょうか?あまり高知でボルダリングの話は聞かない気がするのですが・・・

「一番は、『もっとボルダリング・ロッククライミングの魅力を高知の人に知ってもらいたいから』ですね。高知って四国で一番もったいない県なんですよ」

「もったいない県?」

高知って四国で一番ロッククライミングができる岩がある県なんです。海外の有名なロッククライミング選手がわざわざ仁淀川に登りに来るくらい、いいスポットがたくさんあるんですよ」

「そうなんですか。全然知らなかったです!」

「せっかくクライミングができる環境があるのに、ボルダリング人口は四国で一番少ないんですよね。なので、もっとボルダリングの楽しさを高知の人に知ってもらいたいという思いで、この『Allez(アレ)』を立ち上げました

「そう聞くと、高知でボルダリングをやらないのはもったいない気がして来ますね」

ボルダリング歴15年以上の岩佐さんが語るボルダリングの魅力とは?

ちなみに岩佐さんはボルダリング歴はどれくらいになるんでしょうか?」

「そうですね。だいたい15年以上はやっていますかね」

「15年!?大ベテランですね!」

「いえいえ、本当にボルダリングが楽しくて、気づけばこんなに長くなってしまいました」

15年も続けられるほどの魅力って、なんなんでしょうか?

「そうですね。色々ありますが、僕は初心者から熟練者まで共感して楽しめることだと思っています」

共感ですか

「ええ、他のスポーツと違ってボルダリングの場合、対象が不変の石なのでみんなにとって同じものを相手にするんです。なので、同じコースをどんな人でもトライしてそのことに共感することができるんです

このコースをどうやって攻略するかを仲間とワイワイ話しながらトライするのが楽しいんですよ

「なるほど。でもボルダリングというと、初めての人にはなんだか難しそうな印象があるのですがどうなんでしょう?

「いや、そんなことないですよ。初心者の方でもすぐできるようになりますよ。実際うちのジムに来てくださっているお客さんも最初は初めての方がほとんどでした」

「ええ、本当ですか!?めっちゃうまそうなんですけど?」

トライしているお客さんたち

ボルダリングは、道具もシューズと動きやすい服さえあればいいので、初心者でも始めやすいと思います。シューズはうちでレンタルをしていますし、服はジーパンでもできますしね」

「そう聞くと、なんかできそうな気がしてきますね」

「まあ、話していても始まらないので、実際にやって見ましょうか!」

「そうですね!よろしくお願いします!」

ボルダリングを実際に体験!

「シューズをレンタルして、動きやすい服に着替えて来ました!」

「じゃあ、まずは初心者コースからやりましょう。こんな風に色別にコースの難易度が分かれているんです

白が一番簡単なんですね。じゃあ、白からやります!」

白色の場合、手は白色のテープが貼ってある石しか持ったらダメです。足はどの石を使ってもOK。それで最後ゴールの石を両手でタッチすればクリアです

「やってみます!」

「おお、クリアできました!意外と石が持ちやすくて、カンタンでしたね!

「なかなかセンスありますねぇ。次はもっと難しいこっちのコースをやってみましょうか!」

「次はこっちのコースをやってみようか」と言ってくれる岩佐さん

「わかりました!ジムに来られる初心者の方にはこうやって指導されているんですか?

指導というほどのものではないですが、初心者のうちからルールだけ教えられて放置されるのってつまらないと思うので、できるだけ声をかけるようにはしていますね

「確かに。『次この石だよ!』とかって声かけてもらえるのってすごく嬉しいですね!

「ここを持った後はここ」と実際に教えてくれる岩佐さん

『初心者の方にもボルダリングの楽しさを知ってもらいたい』という思いでやっているので、できればお客さんとスタッフで楽しく笑い合える空間を作ることを心がけています

それは初心者には嬉しいですね!

「そう思ってもらえるとこっちも嬉しいです!じゃあ、次はこのちょっと難しいコースを行きましょう!」

「こっちのコースは、足も同じ色のテープの付いた石しか使ってはダメなんです」

「それは難しそうですね。できるだろうか・・・」

「よっ、ほっ」

「あれ?次の石どこですか?」

「あ、そこは左手で石を持たないと届かないね。左手で掴める?」

「あ、なんとかいけました!」

「おお、うまいうまい!」

 

ゴールの石を両手でタッチしてクリアです!

「おお!かなり難しいコースだったんだけどやるねぇ」

なんと他のお客さんもたちも、拍手でクリアを祝ってくださいました!

クリアを拍手して祝ってくれるお客さんたち

岩佐さんの言う、「同じコースをトライして、仲間と共感することが楽しい」と言うことが少しわかった気がします。

難易度が高くなるとこんなコースも!

すごい反り返ってコースもありました!


試しにやってみると

もちろんダメでしたー笑

 

 

〜小一時間後〜

 

「実際にやってみてどうでしたか?」

「かなり楽しかったです!初めてでも結構できることに驚きました!

「あと、他のお客さんと一緒に笑いながら楽しめたのが意外でした。ボルダリングって一人でやるものだと思っていたので

初対面の人同士でも楽しくトライできる雰囲気

登るのはもちろん一人なんですけど、それを周りでみて『次はここ!』とか『頑張れ!』って声をかけてあげることができるところも、ボルダリングの楽しいポイントなんですよね

 

このコースをどうやってクリアするか相談しながらトライする一般のお客さんたち

このジムの『Allez(アレ)』という名前もそんなところからつけました

「『Allez(アレ)』ってどんな意味なんですか?」

『Allez』はフランス語で『頑張れ』って意味なんですよ。昔フランスに登りに行ったことがあるんですが、登っている辛い時に周りのフランス人の人たちが『Allez!』『Allez!』って声をかけてくれたんです。それがすごく嬉しかったんですよね

「なるほど。素敵なお話ですね!」

老若男女みんなができるボルダリング!

「ちなみに、どんな方がボルダリングジムに来られているんでしょうか?」

今は20〜40代の方が多いですね。でも、健康な方であればどんな方でもできますよ!

「確かに、女性の方もされていますもんね」

「女性もそうですし、最近は小学生も学校が終わった後にやっていますよ

「小学生もですか!確かに床にマットもあるし、安全に楽しめそうですね!」

料金は月会員がお得!融通も効きやすい!

「ちなみに『Allez(アレ)』の料金プランはこんな感じなんですね。料金が1日ってなっていますけど、時間制とかではないんですか?」

「ええ、いつ来ても閉店時間まではいつまでも遊んでいただいて結構です。時間の許す限り楽しんで行ってもらいたいですね」

「なるほど。ちなみに会員登録はいつからできるんですか?」

「会員登録料1000円をお支払いいただければ、最初からできますよ。全く初めて来て、月会員になることも可能です」

「なるほど。僕も月会員になろうかな・・・」

「あ、ちなみに月会員は、途中で止めることもできます

「ん?どういうことですか?」

「例えば、月会員になっていて、『翌月は忙しくてあんまり来れそうにないな』って時は、次の月の会員料は払わずにまた来れる時に来て、一ヶ月分の金額を払えばOKです

「ということは月会員というよりは、『一ヶ月間ずつの使用権を買う』ってことですか?」

「そういうことです。僕はこれが普通だと思うんですけど、違うんですかね?」

「いやいや、普通ジムって言ったら、使っても使わなくても毎月お金がかかるのが普通じゃないですか。結局行かなくなってお金だけがかかるってことが多いと思いますよ。」

「そうなんですか。でも使わないのにお金がかかるっておかしいと思うので、ウチはこんな感じでやろうと思っています

それは利用者にとってはすごくありがたいですね!

おわりに

いかがだったでしょうか?

初めて行ったボルダリングジムでしたが、想像以上に和気あいあいとした雰囲気で、他のお客さんとも楽しく遊ぶことができました。

それはやはり、オーナーの岩佐さんが高知の人にもっとボルダリングの楽しさを知ってもらいたい!」という熱い想いで運営されているから何でしょうね。
月会員が『一ヶ月間の使用権を買う』制度にしているのも、そう言った想いから「みんなに気軽に利用してもらいたい」からだと感じました。
相談をすれば放置せずにちゃんと教えてもらえるので、初心者の方には本当にオススメなジムだと思います。

また、ボルダリング自体も、コースが難易度順にどんどんレベルアップしていけるので、一度できなかったコースを工夫したり相談したりしてクリアできるようになるのが、とても楽しかったです!これはハマりそう!

この記事を読んでちょっとでも興味が湧いたアナタ、ぜひ一度足を運んで見てはいかがでしょうか?

店舗情報

店舗名 ボルダリングジム 『Allez(アレ)』
住所 高知市葛島4-3-38
電話  090-7788-9060
定休日 月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)
営業時間  平日 14:00─22:00
休日 10:00─20:00

ボルダリングジム 『Allez(アレ)』公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
ささけん

ささけん

高知出身。なのに土佐弁が喋れない(´・ω・`) 趣味はガジェット収集や、サイクリング。 ありんど高知の最年少メンバー。
3495 PV