【絶景注意!】日本とは思えない絶景の滝壺「にこ渕」に行ってきた

DSC03233

どうも!しおちゃんです!

皆さんはにこ渕をご存知ですか?

仁淀川の上流、伊野町の奥にある、とても綺麗な滝壺なんです!

いざ、にこ渕へ

同行は、大川くんとおっくんです。

DSC03196

 

秋晴れのいい天気ですね!

DSC02705

 

春野から1時間ほど車を走らせてようやく着きました!
DSC03203

 

ここから滝壺まで降りていくようです!
DSC03205

 

釣った魚を持ち帰ってはダメなようです。
DSC03199

 

降り口からもきれいな滝壺がチラリと見えます。

遠くからみてもめっちゃ綺麗そう!
DSC02755

滝壺へはほとんど崖みたいなところをロープを頼りに降りていきます。

 

DSC02759

 

DSC02765

写真では分かりづらいですが、かなりきつい崖です。

 

DSC02770

ここなんかほぼ垂直ですw

備え付けの脚立は壊れていました。

 

DSC02772

 

15分ほど崖を降ってようやく到着です。

マジでキツかった。イケダハヤトさんとか絶対来れ無さそう。

 

DSC03371

 

これがにこ渕です!

 

DSC02776
うひょー、めっちゃ綺麗!!!!

 

DSC02812

 

水が今までで見たこと無いような色してる!

 

これが俗に言う「仁淀ブルー」なんですね!

 

IMG_4925

 

ここ、絶対に「泉の主」的なものが住んでいますよ!

 

DSC02779

 

とりあえずポーズを撮る大川。

 

DSC02781

 

「ちょっと、大川くん滝撮りたいから邪魔しないで!(・д・`)」

 

DSC03331

 

何かを探す大川

DSC03330

 

DSC03332

 

しかし、結局なにも見つかりませんでした。

 

これが世界に誇れる仁淀ブルーのにこ渕だ!!

というわけで、もう言葉は不要でしょう。

にこ渕の絶景をお楽しみください。
DSC03248

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

 

 

にこ渕

おわりに

いかがだったでしょうか?

泳ぎたくなるほど神秘的な滝壺ですが、伊野町の役場に問い合わせたところ、
「遊泳禁止の規制はしていませんが、いわくつきというか地元の人はあまり泳ぐことを推奨はされていないようです」
とのことでした。
やはりなにか住み着いているんでしょうか・・・

 

写真を撮る場合は正午ごろの滝に影ができない時間帯がいいと思います。
今回行った時間は14時ごろだったので、滝に影ができて撮影しづらかったです。
三脚と偏光フィルターも忘れずに!

 

体力のある人ならぜひ行っていただきたい絶景ポイントです!

途中の山道はマジきついので、ちゃんとした服装で行くことがオススメです!

 

追記:にこ淵ではマナーを守ってください

最近、当ブログの影響か、にこ淵を訪れる方が倍増しているようです。

それに伴って、ゴミを捨てたり、バーベキューをしたりという心ない行動をされている方が増えています。

この神秘的な場所がいつまでも残るように、人間として当然のマナーは守ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう