西部エリア

みそカツラーメン発祥の店「豚太郎七子店」に行ってきた!

更新日:

高知県民なら誰もが知っている味噌カツラーメン。

みそラーメンの上にトンカツが乗っている高知のご当地グルメです。

関連
『麺屋 國丸』さんの味噌カツラーメンがさりげなく2月限定メニューとしてバージョンアップしてる件

どうも、ありんど高知のミヤザキです。 みなさんは行きつけのお店ってありますか? 僕は、立ち寄りやすい ...

続きを見る

今回はみそカツラーメン発祥の地と呼ばれる、「豚太郎 七子店」に行って来ました!

ちなみに「豚太郎」は「とんたろう」と読みます。「ぶたたろう」ではないのでご注意を!

 

味噌カツラーメンの誕生秘話

味噌カツラーメンがどのようにして生まれたかというと、「ラーメンにカツを入れれば美味しいんじゃないか」というアイデアから誕生したらしいです。

 

味噌カツラーメンの発祥は、高知県でラーメン店をチェーン展開する「ラーメン豚太郎(とんたろう)」です。

豚太郎の3代目社長によると、高知県で味噌ラーメンは最初に出したのは1967年(昭和42年)に開店した豚太郎だった。豚太郎はラーメン店の前は食堂をしており、食堂で人気だったカツ定食のカツをラーメンに入れれば美味しいのではないかと思い、味噌ラーメンに1口カツを入れたのが始まりとのことです。

豚太郎が高知県で店舗を拡大するにしたがって、味噌カツラーメンが高知県で浸透していき、現在高知県内にあるラーメン店156軒のうち68軒が味噌カツラーメンを提供しているそうです。

高知県の味噌ラーメンの発祥

ただし、ネットの情報でこの「豚太郎 七子店」が味噌カツラーメンをはじめに作ったお店だという情報源は探すことができませんでした。

僕は知人に「豚太郎の七子店が発祥の店だよ」と教えられてこの記事を書いていますが、万が一別のお店が発祥だった場合申し訳ないです。。。多分合ってるとは思いますが・・・。

店内の雰囲気とメニュー

店内は天井が高く、広い空間になっていて、なんともレトロな雰囲気が漂います。

七子店のメニューがこちら。

 

 

 

かなりメニューが豊富です。

定食メニューもかなり充実しています。

この激辛キムチが入ったラーメンも昔ブームを巻き起こしたらしいです。

そしてやっぱり貼ってあった味噌カツラーメンの宣伝。

テレビで広告されたことが店内に貼ってありました。

もちろん今回はみそカツラーメンを注文しました。

 

カツラーメン(みそ)(950円)

やって来ました!元祖味噌カツラーメン!!

かなりボリューミーです!!!

いざ実食!

うん・・・。ん?

なんだろう?味が薄い・・・?

なんというかコクが足りないというか、物足りないというか・・・。

 

ちょっとニンニクを足してみるか・・・。

うーん、これはいくら発祥のお店でも紹介したくないなぁ。

 

と思いつつ半分以上食べたところで急に美味しくなりました!!!

え?底の方がめっちゃ美味しい!

あれ?底・・・?

そういえばメニューに。。。

「ラーメンは底の方からよくまぜてお召し上がりください」

 

そういうことかーーーー!!!
底にあるスープがよく混ざっていなかったから美味しくなかっただけでした(笑)

混ぜればちゃんと美味しかったのでご安心ください!

皆さんはこんなことにならないようにご注意ください(笑)

おわりに

以前、県外から高知に来た友人に

「なんで高知って豚太郎ばっかりなの?スープもまずくて食べれたものじゃなかったよ」

と言われ、「そんなことないのになぁ」と思っていたのですが、今回その謎が解けました。

 

おそらく友人も今回の僕と同じように混ぜずに食べてしまったんだと思います(笑)

 

ぜひ皆さんは、こんな失敗をしないように僕たちの失敗を活かしていただけると嬉しいです。

店舗名 豚太郎 七子店
 住 所 高知県高岡郡四万十町床鍋640
 営業時間

平日11:00〜17:00
休日11:00〜20:00

定休日 月,火曜日
 駐車場 広い駐車場あり
 備考  

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ(しおちゃん)

シオ(しおちゃん)

「ありんど高知」編集長。 高知県在住フリーランス。 東京で数年働いた後に高知へ帰高。一度県外に出たからこそ気づいた高知の良さを全国に知ってほしくてありんど高知を立ち上げる。アウトドアとバイクが趣味。
ありんど高知では書けないことなどを書いている個人ブログはこちら→野郎とバイクとアウトドア-メインギルド-

-西部エリア

Copyright© ありんど高知 , 2018 All Rights Reserved.