宿泊 高知市エリア

【レビュー】コスパやばい!帯屋町の中心部のホテル「天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知」

高知の帯屋町のど真ん中に新しくできたドーミーイン高知。

先日宿泊してきたので、今回はその「ドーミーイン高知」のレビューです。
「ドーミーイン」全国に展開するホテルだそうですが、僕は「ドーミーイン」自体初めてなのでワクワクしながら宿泊しました!

繁華街のど真ん中に位置する「ドーミーイン高知」

「ドーミーイン高知」は、高知一番の繁華街「帯屋町」の真ん中付近にあるのでアクセス抜群。

1階にはコンビニがあるので、利便性もいいですね。

入り口は帯屋町アーケードから1本道を曲がったところにありました。

入り口を入って1階には、受付と無料のウェルカムドリンクがあります。

こういうちょっとしたサービスって嬉しいですよね。

エレベーターはカードキーでのロック式で、部屋のカードキーを持ってないと動かないようになっていました。

宿泊者意外の人がホテル内に入ることができないので、女性の方でも安心ですね。

ドーミーイン高知の内装

こちらが僕が宿泊したシングルのお部屋。

1泊朝食付きで7500円くらいのプランで宿泊してきました。

やはり新しくできたと言うだけあって、かなりキレイです!

シモンズのベッドもふかふかで寝心地最高!

入り口入ってすぐに洗面台があるのはびっくりしましたが、特に使いにくいことは無かったです。

トイレとバスルーム。

大浴場が売りだからか、バスルームはシャワーだけでした。

ホテルからの見晴らしは市街地の真ん中ということもあり、特に良いものではないですね。

まあ、見晴らしを求めてこのホテルに泊まる人は居ないでしょう。

そしてびっくりしたのが、夜泣きそばが無料でサービスされてる点!

この日はあいにく外の飲み屋で食べすぎてしまったので、夜泣きそばは食べることができなかったのですが、次回はぜひいただこうと思います。

目玉の大浴場「紺碧の湯」

こちらのホテルの目玉とも言える大浴場「紺碧の湯」は15時から翌朝の10時まで利用可能。

深夜でも利用できるのはすごくいいですね!

こちらは大浴場の近くにあるレストルーム。

マッサージチェアと漫画が置かれており、お風呂の後にのんびりできるようになっていました。

お風呂は大浴場は室内風呂と露天風呂の2つ。

露天風呂とは言っても眺めが良いものではなかったですが、外の風が吹き込んでくるのでなかなか気持ちよかったです。

朝食バイキングは高知名物がズラリ!

そして朝食をいただいたレストランはこちら。

かなり席数が多くて、混雑する時間帯でも余裕を持って座ることができました。

そして、朝食バイキングメニューが非常に豊富でした!

シェフが目の前で調理してくれる焼き物などもあり、とてもこの価格帯のホテルとは思えないほど豪華!

しかもメニューのほとんどが高知県産食材を使ったり、高知の名物があったりと、「高知の美味しいものを宿泊者に食べてもらいたい」というホテルの姿勢がうかがえて非常にグッドでした!

朝から高知の名物をたくさん食べられるのは嬉しいですよね!

こちらがこの日の僕のチョイス!

カツオの炊き込みご飯に、カツオの塩たたき、ナスのたたきまであって高知グルメ三昧の朝食でした!

カツオのたたきも、高知県民の僕が食べてもなかなか美味しいと思えるレベルでした!
ドーミーインに泊まるだけでこんなに高知グルメが食べられるのはいいですよねー!

まとめ

今回は帯屋町の中心部にあるホテル「ドーミーイン高知」を紹介しました。

繁華街のど真ん中にあるので夜の騒音などが気がかりでしたが、防音設備がしっかりしているのか外の音はあまり気にならずにぐっすり眠ることができました。

朝食も高知の名物が豊富で
「そこそこの価格帯のホテルで高知の美味しいものが食べたい!」
という方にはピッタリのホテルですね!

満足度とコストパフォマンスは非常に良いホテルでした!

また利用したいと思います。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ(しおちゃん)

シオ(しおちゃん)

「ありんど高知」編集長。 高知県在住フリーランス。 東京で数年働いた後に高知へ帰高。一度県外に出たからこそ気づいた高知の良さを全国に知ってほしくてありんど高知を立ち上げる。アウトドアとバイクと狩猟が趣味。 ありんど高知では書けないことなどを書いている個人ブログはこちら→野郎とバイクとアウトドア-メインギルド-

-宿泊, 高知市エリア

Copyright© ありんど高知 , 2019 All Rights Reserved.