中部エリア 宿泊

宇佐の新たな観光拠点!土佐市宇佐のゲストハウス「宇楽家(うたげ)」

投稿日:

宇佐に新しくオープンしたゲストハウスを紹介します!

ゲストハウスの名前は「宇楽家(うたげ)」。僕は初見で「うらくや」と読んでしまいましたが、「宴(うたげ)」が正解です。

こちらのゲストハウス、なんと東京から高知に移住した女性が立ち上げたもの。
古民家を地元の人たちと協力しながら改修して、ようやく今年オープンに至ったそうです。

とってもオシャレなゲストハウス「宇楽家」

ゲストハウス「宇楽家」の場所は宇佐もんやの近く。

外に灯りが灯っているので、すぐ見つけることができるはずです。

宇楽家

こちらが共用スペースのキッチンとダイニング。

かなり広々としており、ここで宴会イベントを開くこともあるんだとか。

共用スペースで夜遅くまで騒ぐと近隣住民の迷惑にもなるので、夜10時半までの利用となっています。

ちなみに宿泊プランに食事は付いていませんが、キッチンは自由に使っていいので地元で釣った魚や近所のスーパーで買ってきたものでご飯を作ることができます。

こちらが共用の洗面所。

古民家とは思えないようなオシャレさです!

そして、こちらはまだ製作中のスペース。

ここまで見てきたテーブルや棚、洗面所などはほとんど女将と地元の方がDIYで手作りしたものだそうです。
すごいですよね!

宿泊スペースは二階の個室(二部屋)とドミトリー

そして、こちらが今回僕が泊まったドミトリー(1泊3500円)。

二段ベッドが3つ置かれており、最大6人が寝ることができます。男女混同なので、セキュリティが気になる女性の方は個室を選びましょう。

ベッドの枕元にはコンセントもあります。

また宿泊者用のロッカーも完備。

少し大きめのリュックも入りそうなサイズでした。

 

続いて、こちらが個室(1泊4200円)のお部屋。

ドミトリーとは700円しか変わりませんが、一人で使う分にはかなり広めの部屋です。

1部屋に最大3名まで泊まれるようです。

料金的にもドミトリーとそんなに変わらないので、1人旅や少人数グループの方は個室の方がいいですね。

 

まとめ

 

宇佐に新しくできたゲストハウス「宇楽家」を紹介しました。
実際に泊まってみて、建物も部屋もとてもきれいで普通のホテルに泊まっているような感じでした。
泊まってみての満足度は非常に高いかったです!

ゲストハウスでは、今後は宇佐の観光や釣りやホエールウォッチングなどのアクティビティとも絡めた活動をしていくようです。

高知観光の新たな拠点として、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

予約は公式HP、もしくはAirbnbからどうぞ!

公式HP:高知 ゲストハウス | 日本 | 宇楽家

Airbnb:【ゲストハウス宇楽家】個室×2(最大3名) - 借りられる一軒家 - Tosa-shi

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シオ(しおちゃん)

シオ(しおちゃん)

「ありんど高知」編集長。 高知県在住フリーランス。 東京で数年働いた後に高知へ帰高。一度県外に出たからこそ気づいた高知の良さを全国に知ってほしくてありんど高知を立ち上げる。アウトドアとバイクと狩猟が趣味。 ありんど高知では書けないことなどを書いている個人ブログはこちら→野郎とバイクとアウトドア-メインギルド-

-中部エリア, 宿泊
-

Copyright© ありんど高知 , 2019 All Rights Reserved.