もっと高知が好きになるWebメディア-ありんど高知-

もっと高知が好きになるWebメディア

高知人にインタビュー!

【深いい話】高知出身漫画家の遺作を「彼が夢だった単行本にしたい!」 師匠の思いが遺族に届く!

投稿日:

こんにちは。KAI(しおちゃん)[@saltkai]です。

今回はとても心打たれる出来事があったので、紹介します。

 

 

きっかけはとある漫画家さんのツイートから

17日、はやせ淳さん(@sigotojijii)という漫画家さんのとあるツイートが、1日で2万リツイートされるという出来事がありました。

そのツイートがこちら。

志半ばで亡くなられた高知県出身の漫画家「中西彰文」さん。

 

彼の師匠である、「はやせ淳」さんは中西さん夢だった「単行本を出す」という夢を今からでも叶えられないかと思い、作品を集めました。しかし、著作権の都合上遺族の許可がいるのです。

そこで、こんなツイートをして情報提供を求めたところ、1日で2万リツイートを超えるツイートがされました。

ありんど高知でも、少しばかりのお手伝いができないかと、リツイートをさせていただきました。

 

ツイッターの反響を聞きつけ、高知新聞が掲載!

そして、高知新聞さんが、このツイートを見かけたようで、中西さんの取材されました。

 

 

 

そして、その記事はすぐに記事になりました。

高知市出身の漫画家・中西さん遺族捜す 師匠が遺作の書籍化企画-高知新聞

ついに尋ね人が見つかる!

高知新聞に掲載されてすぐ、遺族の方から連絡があったと中西さんがツイートされました!

遺族の方は高知新聞をみて、連絡をされたそうです。
高知新聞すごい!

いやぁ、本当に良かったです!!!

 

これからは遺族の方との話し合いになるかと思います。しかしこれで高知県出身の漫画家「中西彰文」さんの作品の、夢の単行本化の計画は着実に前進することでしょう!

 
「中西さんの作品は個性が強く、一般の人には難しい内容」とのことですが、どんな内容なのかとても気になるところです!

中西さんの作品の単行本化の今後の情報については、おそらく「はやせ」さんのツイッターにて告知されることと思われますので、気になる方はフォローすると良いと思いますよ!

 

単行本化したいと思い立った「はやせ」さんに、たくさんの方が賛同して、2万リツイート(現在は3万リツイートを超える)。そして、それが新聞社の目に止まりついに遺族の方まで届くという、この出来事はとても心温まるお話だと思い、紹介させていただきました。

 

ありんど高知でも、無事中西さんの作品が単行本化されることを願っています!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
KAI(しおちゃん)
「ありんど高知」編集長。 1990年生まれ。高知県在住フリーランス。 19歳でうつの末、四国88ケ所歩き遍路旅を敢行。旅の楽しさに目覚めました。以後、旅する生き方を模索中。ガジェット、カメラ、バイク、アニメ、高知が大好き。 ありんど高知では書けないことなどを書いている個人ブログはこちらhttp://kaisstyle.com/

-高知人にインタビュー!

Copyright© もっと高知が好きになるWebメディア-ありんど高知- , 2017 All Rights Reserved.